ほったらかし投資道!【株式投資・資産運用・副収入】

株式投資で預貯金300万円はどこまで増えるのか?投資の1年生が独学でチャレンジしてみました!

【資産形成について】銀行にお金を預ける意味についてちょっと考えてみたの巻

このブログの管理人たらちゃんのプロフィール

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

はじめましての方へ自己紹介

ほったらかし道のど真ん中をブレずにGO!
たらちゃんです(*´з`)

 

いつも応援感謝いたします(#^^#)
ブログランキングへ参加中です!


人気ブログランキング

 

みなさんはご自分の預貯金をどのようにして
保管していますか?

 

タンスの奥底にしまっている?
頑丈な金庫に眠らせている?

・・・なんて、時代遅れの保管方法を取っている人は
なかなかいないですよね(笑)

 

真っ先に言われるのは、銀行にお金を預けること。

 

かくいう、俺も貯金は銀行に預けているのであり
(ちなみに三井住友銀行)
大勢の方々と資産の預け先は一緒だと思います。

f:id:nakamuramail_46:20170325153435j:plain

ただ、2016年末から預金総資産の3分の2くらいは株式運用に
回していたりします。

 

でもでも、ちょっとここで一つの疑問が思い浮かぶのです(。´・ω・)?

 

どうして世間のほとんどの人が何の疑問も持たず、銀行に自分の大切な
資産を預けているのだろうか?
もちろん、信頼できるからとか手元には置いておけないからなど
多くの理由はあると思います。

 

あなたはいかがですか?

 

話は変わりますが、以前投資の師匠とお話をしていた時に
こんな話題が上がりました。

 

"銀行にお金を預けているということは、その銀行へ
投資していることと似ている。"

 

あなたも、ご存じのとおり銀行の主たる業務内容の一つとして
「資金を個人や法人へ貸し付けて、その対価として利息を受け取り
それが収益として計上される」ことですよね。

 

もちろん、その貸付金は初めから銀行にあったわけではなく
我々から借りた(預かった)資金を使っています。

 

ということは・・・

銀行が貸付業務を行えるのは、われわれが資金を提供しているから。
つまり、我々が銀行に投資をしている(正確に言うと融資という形)
からと言うことができると思ったりしています。

 

f:id:nakamuramail_46:20170325155350p:plain

 

f:id:nakamuramail_46:20170325155407p:plain

もちろん、厳密に言うと全く異なった資金提供のカタチですが
イメージ的にはね(笑)

 

銀行にお勤めの方にとっては、「何言ってんだコイツ」と
思われるかもしれませんが・・・

 

『銀行にお金を預けて利息を受け取る』
『銀行の株式を買って配当金を受け取る』

この2つは根本的には同じことだと言えます。

 

みなさんは無意識のうちに、銀行は潰れる可能性が低いから信頼できる。
だから大切なお金を預けることができる。

 

という風にお考えかもしれません。

 

それならば、お金の預け先(投資先)はめっちゃ安定していて
潰れるリスクが限りなく低い企業にしても同じことにもなるのかも
しれませんね。

 

話は変わりますが、我々が銀行へお金を預けた時に
受け取ることのできる金利の話へ。

 

あなたは、銀行の利息は何%かご存じでしょうか?

 

だいたい、すごく低いところで0.01%とかですので
100万円預けたとしても年間に受け取れる
利息の額は100円です・・・(´;ω;`)

 

ほぼ、タダで銀行にあなたの大切な資金を
融資しているわけです(汗)

 

なので、資産運用を上手にやって
お金を増やそうとしている人にとっては
最も効率の悪いやり方だったりします( ゚Д゚)

 

もちろん、お金を1円も減らしたくない人にとっては
銀行に預金をすることはベストな方法であることは
間違いありません。

 

でも、このブログを読んでくださっているあなたのような
「少しでもお金を上手に運用して資産を増やしたい!」という
賢い選択肢に辿り着いた方々にとっては少し考えさせられる
機会になったのではないでしょうか?

 

もしかして、銀行にお金を預けるよりも
その銀行の株式を買った方が得なのではないか?などなど・・・

①普通に銀行にお金を預けて年間0.01%の利息(100円)を受け取る
②多少のリスク(銀行が潰れる)を取って年3%の配当金(30000円)を受け取る

 

これだけでも、②の方が資産運用の効率は
明らかにいいですよね。
(ここでは株の値動きについては考慮しないものとする)

 

ちなみに今回は銀行へ投資するケースを挙げましたが、
投資先はトヨタとかソフトバンクなどの大企業でも
選択肢としてはたくさんあります。

 

そして、今日のお話では何が言いたかったというと・・・

 

『資産運用は銀行にお金を預ける以外にも選択肢はたくさんある。
というか、むしろ何の策もナシに銀行に預けているだけじゃお金は増えないよ!(汗)』

 

という感じでした。

 

それではあなたもほったらかし道、
突っ走ってみませんか?
レッツゴーほったらかし道!